海の近く物件

移住する前に、考えておきたい5つのこと

さあ、私の移住生活が始まるぞ!と意気込んでいるのもつかの間、移住に関して右も左もわかりません。

今回は、私が移住をする前にきちんと自分のスタンスを確認しておくために、自分との確認事項を書き記しておきます。

1. どんな場所が理想なのか?

今の私が理想とする移住先は以下の通り。

  • 海のそば(徒歩15分で海岸に行ける。できたらサーフスポット)
  • 首都圏(千葉・神奈川)だけれどちょっと田舎な場所
  • 今の職場まで片道2時間以内で行けるところ(基本リモート。たまに通勤)
  • 治安がいい場所
  • 畑ができる場所

きっと調べたらもっと条件が出てきて、欲張りになっていると思います。今のうちに初心を残しておいて、あとで見返すために記しておきます!

2. 譲れない条件は何か?

きっと調べるうちにあれもこれもとなってきて、譲れないポイントがなくなってくると思いますので、今のうちに整理を。

  • 海のそば
  • 治安がいい場所
  • 畑ができる場所

シンプルに住みたいところのうちの3つをマスト条件に。これがないと移住を決めた理由がなくなってしまいますからね。いろんな情報に流されて忘れないようにしたい。

3. 生活することに無理がない環境を選べているか?

元々東京暮らしでほぼ不自由のない生活をしているゆえ、生活環境の違いに驚きそう。実は便利すぎて忘れていそうなことを書いておきます。

  • スーパーや病院などのライフラインが整っていない
  • バスなどの交通手段が車しかほぼない
  • 地震や災害の警戒区域に近い

当たり前だけど、物件が綺麗とかだと度外視してしまいそう…自分の意思力が問われますね。生活しやすさのベースは保っていきたいところです!特に田舎だと、身の危険が起きた時にどう対処できるかは環境に左右されそうなので、きちんと選んでいきたいです。

4. 諦めるポイントは明確になっているか?

移住先探しが難航した時、最後決めるポイントを決めておきます。これで意思決定が必ずできるよう自分に願掛けです。

  • 2021年12月までにはどこかに引っ越す
  • 全く楽しくなくて辛くなった時には辞める
  • パーフェクトを最初から追い求めない。まずやってみる

5. 自分の気持ちに嘘をついていないか?

東京以外のプチ田舎に住みたい!そして自給自足がしたい!というチャレンジ自体、まだまだ私の妄想でいっぱいで生煮えの状態です。実際調べたり行動したら幻滅することや、現実を知って打ちひしがれることもあると思います。

でもどんな時にも「自分はこれでやっていけそう!」という素直な思いを持てることを一番大切にしたい。手段に囚われて、必ず最後そうしなきゃいけないなんてことはないのだから。嫌になったら辞める。でもやってみる。そのスタンスを貫いていこう。

未来に向けて新しい私のチャレンジ、始めるぞ!